ぼんちの風(仮)

高原列車と架線下

2020.8.15

IMG_5504.jpg

2020.8.15 吉都線 えびの-京町温泉
2926D キハ40 8038+キハ47 8133

晴天に恵まれたお盆休み終盤。
夏らしいカットを求め早朝から沿線へ出るも、
30度を超す酷暑の中、昼過ぎには熱中症寸前…

日陰を求めて飛び込んだ森の中から撮影。
鬱蒼とした木々の間から顔を覗かせる青空。
少しは夏らしいカットになったかなと。
スポンサーサイト



  1. 2020/08/22(土) 21:34:23|
  2. 吉都線
  3. | コメント:0

2020.7.11

IMG_4063.jpg

2020.7.11 吉都線 高原-広原
2927D キハ47 9078+キハ47 8124

運転見合わせが続いていた吉都線。
昼の列車から運転再開とのことで沿線へ。

IMG_4089.jpg

2020.7.11 吉都線 高原-広原(開放後の踏切より撮影)
2926D キハ47 9083+キハ47 8052

運休や間引き運転など不規則な運転のためか、
レールには錆が浮き、線路内も雑草が伸びた状況。

大きな被害こそ免れたものの、予断を許さない天候が続く今日。
一日も早く平穏な日常が戻ることを願うばかり。
  1. 2020/07/12(日) 00:07:19|
  2. 吉都線
  3. | コメント:0

2020.6.7



2020.6.7 吉都線 万ヶ塚-東高崎
2925D キハ40 2105+キハ47 8133

世代交代のみならず、個体差や路線との相性などの条件により、
九州の気動車は頻繁に転属や機関の更新が行われる。
ゆえに所謂生え抜き車両は希少価値が高い。

キハ40 2105は40年近く鹿児島管内で活躍を続ける車両。
エンジンも若干手が加えられているとはいえ原型機関。
これまで手厚く扱われてきたことだろう。

昨春の改正以降、北部九州からの転属組が幅を利かせており、
この2105は代打専門に回ったのか、姿を見せる機会が減少した。

ここ数日は久々の登板となり、福岡からやって来たキハ47を相方に従える。
転属車と生え抜き車という異色のコンビで、霧島の裾野を今日も走る。

南九州の気動車たちのこれからに注目していきたい。

  1. 2020/06/12(金) 12:54:02|
  2. 吉都線
  3. | コメント:0

2020.6.6

IMG_3389.jpg

2020.6.6 吉都線 高原
2925D キハ47 9098+キハ47 8077

個人的に重大なイベントが一段落したところで、久々の吉都線行程。
高原駅周辺の紫陽花が見ごろとのことで早速撮影。

しかし、前回の行程から約3ヶ月というブランクは隠しきれず、
午前中、納得のいくカットはこの1枚だけという。


その後は、温泉に浸かったり、サウナで汗を流したり、
沿線のスーパーで美味しいものを買って食べたり、
いい気分転換にはなったと思う。


IMG_3508.jpg

2020.6.6 吉都線 高崎新田-日向前田
2929D キハ47 9098+キハ47 8077

夕方の列車まで撮影して帰投。

高原以外に紫陽花と絡めてとれる場所を見つけきれず、
最後に立ち寄ったのがこの場所。

線路から少し離れているとはいえ、列車との絡みを抑えられただけでも満足。

  1. 2020/06/07(日) 00:06:54|
  2. 吉都線
  3. | コメント:0

2020.2.1

IMG_0729.jpg

2020.2.1 吉都線 京町温泉-鶴丸
9940D キハ147 1055+キハ47 8125

毎年2月頭に開催される京町二日市は、100年以上の歴史を持つ南九州最大規模の買い物市。
京町温泉街を中心に歩行者天国が展開され、出店や特産品の販売、パフォーマンス披露など見どころ満載。

今年は京町温泉駅舎新築および周辺道路の整備工事が終了してから初の開催となった。

写真は旧駅舎跡地に新設された踏切から撮影。
今まで撮れそうで撮れなかった歩行者天国と吉都線のコラボ。参戦3年目にして課題達成。

  1. 2020/05/27(水) 23:34:38|
  2. 吉都線
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

miyachiku

Author:miyachiku
おいしいお米

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

吉都線 (9)
日豊本線 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR